6ヵ月使用して感じたオールインワンジェル(ゲル)の欠点(デメリット)とは

オールインワンジェル(ゲル)って

  • 1つでいろんなスキンケア商品の効果が期待できて
  • スキンケア時間の短縮ができて
  • コスパも良くて

あなどの良いと事ばかりだけど、、

デメリットは全く無いの?

と疑問に思ったりもします。

今回はオールインワンジェルに切り替えて6か月愛用している私が実際に感じたデメリットについてご紹介していきたいと思います。

この記事は・・

  • オールインワンスキンケア商品のデメリットが知りたい方
  • オールインワンスキンケアに切り替えようか迷ってる方
  • 極度の乾燥肌でオールインワンスキンケアへの切り替えを検討している方

こんな方にオススメです。

オールインワンジェル(ゲル)のデメリットとは

オールインワンスキンケアは良いところ(メリット)ばかりですが、使う方の肌状況などによっては

オールインワンスキンケア商品だけはしっくりこない、合わないという方も少なくありません

実際に私も使い始めの1か月間は肌に合わないかもと感じてました。。。

具体的な私が感じたオールインワンジェルのデメリットとしては

  • 保湿に物足りなさを感じた。
  • 白いモロモロした物が出てきた。
  • 化粧ノリがイマイチ

などがありました。

保湿に物足りなさを感じた。

これは私と同じ乾燥肌の方が特に感じやすい事かもしれません。

ほとんどのオールインワンジェル(ゲル)は1つで化粧水や乳液、美容液などの様々な保湿を行うスキンケア商品の効果もあるとされていますが、私には保湿力が足りないと感じました。

そして対策として、使い始めの1ヶ月はオールワンジェルを塗る前に元々使用してた化粧水を塗る事で保湿の足りなさをカバーを行いました。

ですが結果的には2ヶ月目からは肌が変わってきたのか、化粧水を使用しなくともオールインワンジェルのみで保湿は十分と感じられるようになりました。

 

乾燥肌でオールインワンゲルを使用して保湿が足りないと関した方への注意点とは

オールインワン1つでは保湿が足りないと感じた場合、化粧水や乳液、美容液などと併用しようと思う方が多いと思います。

ですが使用する順番には注意が必要です。

ご存じの方も多いと思いますが、スキンケア商品にはそれぞれ役割があり

  • 化粧水は肌に潤いを与える
  • 乳液は化粧水え与えられた潤いを逃さないために油分でフタをする

などの効果があるので、オールインワンジェルの前に化粧水あを使用するのは良くても

オールインワンジェルの使用前に乳液を塗ってしまうと、乳液に含まれる油分が毛穴をふさいでしまい結果、オールインワンジェルの効果を半減させてしまう可能があります。。

以前に使用していたスキンケア商品と併用したい場合は

  • 化粧水→オールインワンジェル→乳液

という順番で使用すれば問題あないという事ですね

白いモロモロした物が出てきた。

白いモロモロというのは消しゴムの消しカスのような物で、今回私が切り替えたオールインワンジェルでは出なかったものの、過去に試供品で試したオールインワンジェルでは使うたびに白いモロモロが出ました。

原因としてはオールインワンジェルが肌に浸透しないまま固まってしまう事で白いモロモロとして肌上に出てくるという事でした。

この白いモロモロはオールインワンスキンケア商品のみ起こりうる現象と言われているので、購入するオールインワンジェルを決めた段階で必ず口コミを確認するようにしましょう。

(購入しようとしているオールインワンスキンケア商品の悪評に「白いモロモロもしくはポロポロが出てきました。」という内容があれば要注意という事ですね)

化粧ノリがイマイチ

  • 化粧ノリがイマイチ
  • 化粧崩れが起きやすくなった。

というのも私自身も経験しましたし、オールインワンスキンケアを使用した方が感じるデメリットとして多くありました。

原因としては先ほどお話した「保湿力が物足りない」にあります。

  • 化粧ノリがイマイチなのも肌に潤いが足りてないのが原因
  • 化粧崩れが起きやすいのも肌に潤いが足りてないので肌自ら皮脂を出してしまい結果、オイリー肌になってしまい化粧が崩れやすくなってしまう

肌状況や商品との相性によって肌に保湿が足りないと感じてしまう場合があるという事ですね

 

関連記事

私が実際に購入したオススメのオールインワンジェル(ゲル)やオールインワンスキンケアのメリットについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

シミ、そばかすが気になる40代50代にオススメなオールインワンジェルはコレ

オールインワンジェルを6ヶ月間使用して感じた3つのメリットとは